特商法は、みんなのための法律

 

特商法と言えば、元アイドルグループのメンバーが契約書を渡していなかった事件が印象に残っているのではないでしょうか?

この事件は、バイナリーオプションで勝てると言った事で、詐欺事件という面が大きいのですが、これから副業をされる方は特商法の大切さを学ぶ事件となりました。

特商法とは、特定商取引の略です。
特定商取引とは、物品販売、通信販売、訪問販売などのことです。副業で安く仕入れてきて、メルカリやヤフーオークションで仕入れ値以上の値段で売って稼ごうと思われている人は多いと思いますが、それらは特商法について学ぶ必要があります。

また、特定商取引には、エステや英会話教室、パソコン教室なども含まれます。
特商法とは、消費者を守るための法律です。
この法律のおかげで私達国民は、安心して日々のお買い物が出来ますし、国民経済の健全な発展に寄与する事が出来ます。

一つの商品を購入するたびに、キャンセルがどうだとか、返品がどうだこうだとか、送料でもめたりしてはスムーズな消費活動が実現できません。

副業を始めてみて、消費者が困りそうだとか、不安になりそうな状況だと思いましたら特商法に抵触しているか確認しましょう。
基本的にはAmazonや楽天市場でショッピングをされた方でしたら、お分かりだと思いますが、配送料など細かいルールなどが明記されています。

それらは、消費者が不明確でトラブルになるのではないかという心配をしないために明記しています。
つまり、特商法をしっかりと守っていると言えます。
また、Amazonなどの真似をして明記しておけば特商法には抵触しないという事になります。

人と人が関わり合うと楽しい事もありますが、不愉快な事もたくさん起こります。
個人個人の感覚で判断していては、個人個人の感覚は違うものですから、こちらはこういうつもりだったなどと言ったお互いの相違によりトラブルは起こりがちです。

ですから書面でしっかりと決まり事や約束事を明記しなければなりません。もめてから解決しようと思っていては大変な事になります。
消費者は直接問題のある業者に苦情を言うだけではなく、消費者センターや国民生活センターに連絡を入れる場合が多いです。

特商法違反という事で処理されますと、業務停止を余儀なくされたり信用を大きく失う事があります。
しかし、特商法はすぐに慣れて簡単に抵触しないような商売の仕組みを作れるようになります。特商法とは、最初に軽く注意する程度のものなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket